川崎市、横浜市の新築一戸建て、田園都市線の不動産物件・住宅情報

プラザハウスロゴ

仲介と買取の違いとは

こんにちは!

グランディハウスの丸岡です。

不動産売却方法は、「仲介」と「買取」の大まかに2種類があります。

これはあくまでも不動産屋さんが関係してくる方法ですね。

不動産会社を間に入れずに個人間での不動産売買などは対象になりません。

でも、個人間での不動産売買でも僕は不動産会社を入れた方が、

後々のことを考えるといいと思います。

仲介の場合

買取の場合

こうやって比較してみると、「仲介」よりも「買取」の方がメリットあると思いますが、

大事なことが!!

そうです!いったい「いくら」で買ってくれるのか!

お互いのメリット・デメリットにもなる「金額」の話です。

結論から言えば…「仲介」より「買取」の方が不動産売却価格は低くなります。

なぜなのか…不動産屋さんがこんなこと言っていいかわかりませんが…

ハッキリ言って…

「どのように不動産屋さんは利益を得ているのか?」 です(笑)

「仲介」の場合は、仲介手数料を不動産屋さんは利益にすることができますが

「買取」では仲介手数料をいただかないので不動産屋さんの利益がありません!

では、「買取」の場合どうやって利益を得てるの?って話です。

不動産屋さんは購入した不動産を、リフォームしたり、建て替えたりして再度販売を行い、

売却した金額から売却までにかかった費用を差し引いた金額を、

利益として得ることができます。

ただし、買いたい人が見つからない場合や掛かった費用より、

低い金額で買いたいという人がいることも考えられるので、

不動産屋さんにとっては大きなリスクになる可能性もあります。

なので不動産屋さんが買取る場合は、

どうしても買取金額を低めに設定する必要があるのです…

ですのでお客様にとっては仲介で契約になった方が高く売れる!という事です。

まずは一度、弊社へご相談ください♪

神奈川グランディハウス倶楽部 無料会員登録はこちらから神奈川グランディハウス倶楽部
無料会員登録はこちらから