川崎市、横浜市の新築一戸建て、田園都市線の不動産物件・住宅情報

プラザハウスロゴ

事故物件。

先日、国土交通省がいわゆる「事故物件」について

告知すべき対象をまとめた指針案を初めて公表しました。

無題

・病気や老衰、転倒事故による死亡は告知の対象外と明記。

・殺人や自殺、火災による死亡は告知すべき。

・賃貸は発生から3年経過すれば不要。etc

今まで明確なルールがなく具体的な扱いは業者の判断に委ねられており、

訴訟に発展する例もあったため、告知基準を明確化するとの事。

きちんと説明していない不動産業者もいるんですね…。

私の場合、こういう経験もしました。

前所有者が親族・かかりつけ医に見守られながら老衰によりご自宅で死亡。

ご遺族がその土地・建物を売却。

建売業者が買い取り、建物を壊して新築一戸建てとして販売。

その建売業者様からこのような経緯があり新築一戸建てを建てたことを

念には念を入れて事前に告知しておいてほしいとのお願い。

(ご自宅で亡くなられたことが

ご近所様から買主様の耳に「悪い噂」として入るのを心配しての事。)

買主様に告知。

という事がございました。

ここまできちんと配慮しておけば、

買主様にもご理解いただけ、気持ちよくご購入いただけるのですが…。

皆様は事故物件、いかがですか?

プラザハウス倶楽部 無料会員登録はこちらからプラザハウス倶楽部
無料会員登録はこちらから