川崎市、横浜市の新築一戸建て、田園都市線の不動産物件・住宅情報

プラザハウスロゴ

不発弾

時々、ニュースで

「解体現場から不発弾が見つかり、自衛隊が撤去しました」というニュースを聞きませんか?

(実務の経験上、解体現場の土の中からは確かにいろいろなものが出てまいります。)

その日もこのようなニュースを何気なく見ていたのですが、

「撤去費用の一部を土地所有者が負担しなければならない」

という判決のニュースを聞いて、ちょっと驚きました。

その際の新聞記事はこちら。

無題

http://www.sankei.com/west/news/180226/wst1802260096-n1.html

こんなのが地中から出てきたようです。(大阪市のHPより)

無題

国民や市民の安全のため、行政ですべて行ってくれるかと思いきや、

・爆弾撤去費用…自衛隊が負担

・周辺住民への交通規制のチラシ製作費用…大阪市が負担

・撤去時の土嚢(どのう)や防護壁、警備員の費用…土地所有者が負担

との判決で、土地所有者の方は576万円の費用がかかるとの事。

裁判長曰く

「不発弾処理の責任の所在を明示した法令はない」としたうえで、戦争被害は国民が耐えるべき損害との考え方に基づき「市や国が負担すれば、特定の個人を利することになる」と指摘した・・・。

みなさんはこの判決、どう思われますか?

色々なご意見があるかと思いますが、

「不発弾の撤去費用の一部は土地所有者が負担しなければならない」という事は

(もちろん、ケースバイケースなのでしょうが…)

雑学として覚えておいて下さい。

プラザハウス倶楽部 無料会員登録はこちらからプラザハウス倶楽部
無料会員登録はこちらから