川崎市、横浜市の新築一戸建て、田園都市線の不動産物件・住宅情報

プラザハウスロゴ

災害多発 増す保険料負担(損保)

====================================================

こんにちは、プラザハウスの近藤です。

==========================================

朝日新聞「令和元年5月21日(火)」より、

災害多発により【火災保険料46%値上げもと言う記事がでました。

詳しく見ますと、東京海上日動と損保ジャパン日本興和は全国平均で6~7%、

保険料が比較的安いマンションの場合、東京圏20%、大阪12%、福岡46%と

大幅に上がる見込みだそうです。

20190611182757920_0001

損害保険会社による2018年度の自然災害(風水害)保険金支払額が、「過去最高の1.6兆円」になったとのこと、

yjimage[8]   yjimage[6]

日本損害保険協会が20日発表した。近年多発する自然災害で、損保各社は「10月」から火災保険料を値上げする。この値上げは18年度の災害分を織り込んでないため、さらに家計の負担増は今後も続く恐れがあります。

又、今年1月に保険料が上がった地震保険も「保険料アップの3回ステップ」のうちいよいよ最後の3回目の保険料のアップ申請が金融庁にだされましたので、近く再度地震保険料も値上がりすると思われます。(2021年予想)

現在、お家をご検討の方は、出来るだけ火災保険はなるべく長期契約で、最近のゲリラ豪雨など考えますと、平地でも水災補償もお入りになることをお勧めします。

詳しくは、弊社担当にお尋ねください。<(_ _)>

プラザハウス倶楽部 無料会員登録はこちらからプラザハウス倶楽部
無料会員登録はこちらから