川崎市、横浜市の新築一戸建て、田園都市線の不動産物件・住宅情報

プラザハウスロゴ

マイナス45℃の過酷な自然環境

こんにちは!プラザハウスの北島です!

最近朝、目を覚ますと寒すぎて布団から出るのがほんとに辛いです、、、(笑)

私の実家は一戸建てなのですが、部屋の中にいてもこの時期の寒さはやっぱり辛いですよね。

そんなことをなんとなく考えていた時にふと気になったのが、

私たちよりも過酷な自然環境で暮らしている人や、

お仕事をされている人がどのような生活を送っているのか、

どうやってスムーズに布団から出ているのか!(笑)

少し気になったので調べてみようと思いました。

私が想像する中で最も寒そうな所は南極だったので、

南極について調べた所、気になった記事があったので、今日はそちらをご紹介します!

oooo

マイナス45℃の過酷な自然環境とは、

わずかな油断で命を落としてしまう場所で特に厳しいのは、気温と風。

【ブリザード】という暴風雪があり、酷い時は秒速60mもの強風が吹き荒れます。

そのような時は、皆建物内に避難します。

一見、建物内も寒いのではないか。と思われますが、

そんなことはありません。

建物内は、20℃以上の気温で保たれていてとても快適です。

快適性を実現しているのは、優れた断熱性・気密性を備えた木質パネルと、

高い強度が得られる【モノコック構造】です。

安心と快適を実現している南極の建物。

高断熱、高気密、高耐久、高精度など、ここで鍛え上げられた技術は、

日本での高度工業化住宅の発展に活かされています。

dsssss

以上、私が本日勉強できた内容でした。

また学んだことなどありましたら、随時更新させて頂きたいと思います。

よろしくお願い致します!

プラザハウス倶楽部 無料会員登録はこちらからプラザハウス倶楽部
無料会員登録はこちらから